成分と効能

初めて赤ちゃんを迎える妊婦の方は、お腹の子のために何が必要なのかよく分からず手探り状態という声がよく聞かれます。
特に食生活については、昔は「子どものために2倍取る」など、とにかくたくさん食べることを勧められましたが、現在では逆に太り過ぎは出産時に思わぬ事故を招くことがあるため、なるべく普段と変わらないことが良いとされています。
とはいえ、やはり妊婦でいる間は普段通りの食事では足りない成分があることは事実です。
たとえば、妊娠中は胎児に血液が送られることから、どうしても母体の血液中の鉄分が不足してしまうのです。
また、同じく胎児の骨や歯を作るため、カルシウムも不足します。
さらに、胎児の脳や神経を作るためには、細胞を生産する葉酸という成分が必須なのです。

鉄分やカルシウム、葉酸等の成分は、食品で積極的に取りたいところです。
鉄分なら、レバー・ほうれん草・貝類・ひじき等に含まれています。
カルシウムは乳製品・小魚・豆類、葉酸はレバー・豆類・ほうれん草等となっています。
しかし、こうした食品を毎日一定量以上取り続けることは、実際のところかなり困難でしょう。
そこで推奨されているのが、サプリメントを摂取することです。
特に、妊娠初期の妊婦は葉酸が不足すると胎児の脳や神経に異常をきたす可能性があるため、産婦人科医はこの成分のサプリメントの摂取を積極的に勧めています。
また、鉄分やカルシウム、ビタミンCなどのサプリメントも同様に摂取することが推奨されています。
妊娠中にサプリメントを取ることを不安に感じている妊婦の方も少なくないようですが、摂取量をきちんと守ることで問題になることはないとされています。